秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆BB秋田がJリーグ準加盟申請
現状での申請は却下されると思うな~(-_-;)

 今日5日のさきがけサイトによると、サッカーJFLの地元チーム「ブラウブリッツ秋田」が、来期以降のJ2昇格に向けてJリーグ準加盟申請をしたようだ。これを受けて
Jリーグは90日以内に、クラブや行政への聞き取り調査を行い準加盟の可否を決めることになる。しかしながら現状は、ホームスタジアムになる予定の秋田市八橋陸上競技場のナイター設備やスタンドの改修が具体化しておらず、もう一つの昇格条件であるJFL4位以内という実力も備わっていない。
 今シーズンの戦績は4位からは程遠い下位に低迷したまま終わって、その後の新戦力獲得の話も聞こえてこない。現状の戦力やスタジアムの設備では、準加盟申請が認められる見通しがまったく立たないし、J2昇格の準備を怠りなくしておくのはいいとしても、現時点での準加盟申請は時期尚早という感じがする。県や市のスタジアム改修計画や予算が議会でまったく審議すらされていないのに、なぜいま準加盟申請なのか?首をかしげるしかないニュースでしたね(-_-;)
★田中真紀子の暴挙で寺田学の落選確定?
田中真紀子の暴走で民主党と寺田学は詰み?

 今回の3大学不認可問題は、予想通り田中真紀子自己中アホ大臣の、発言撤回という形で一応の収拾が図られた。しかしこの厚顔無恥なメスゴリラ(失礼)は、3大学やその関係者、所管の文部科学省に多大な迷惑をかけたことに対して、最後まで誠意ある謝罪をせずに、副大臣と文科省担当者に謝罪させてふんぞり返っているようだ(呆)
 自民党の大物で総理大臣を務めた田中角栄の一人娘ということで、甘やかされてロクな躾を受けてこなかったのが今の田中真紀子を作り上げたのだろう。この一連の暴挙とも言える暴走で、最も迷惑を被ったのは3大学とその関係者、それに3大学を志す受験生と編入を目指す在学生だ。さらに3大学地元選出の民主党議員は、ただでさえ苦しい次回選挙で、命運を絶たれ落選確定だな。秋田1区選出の衆議院議員寺田学氏も30%位の当選可能性があったのに、今回の一件で当選可能性は限りなくゼロになってしまいましたね。
★ブラウブリッツ、最下位栃木に負ける
最下位相手に痛恨の黒星で昇格は絶望的(-_-;)

 JELで低迷するブラウブリッツ秋田にとって、前節金沢を破って勝ち点3をゲットして、昇格ラインの4位浮上にかすかな望みをつないで臨んだウーヴァ栃木戦。アウェー戦とはいえ、まさかここで最下位相手に負けるとは(-_-;)これで今期の4位以内は完全に絶望です。
 BBフロントも充分に分かっているでしょうけど、低迷の原因はディフェンスが弱すぎることに尽きます。特にサイド、それも左サイドディフェンスが穴です。あえて選手名は挙げませんが、シーズンが終わったら、さっそく強力なDF選手獲得に動かないと、また来期も下位に低迷することになります。
 BBサポーターの我慢もいつかは限界に達します。J2昇格の望みがあるチームと見込んで応援していますが、いつまでも今期のような試合を続けていては、そのうち愛想を尽かされるでしょうね。BBフロントは、昇格に向けてもっと真剣に取り組んでほしいです。
★丸富ホテルが倒産
温泉と水道止められ休業で資金繰りに窮す

 三種町森岳温泉最大の宿泊施設である丸富ホテルが、長期の使用料滞納によって今月3日に温泉と水道を止められたことにより、資金繰りに窮して2度の不渡りを出し事実上倒産した。同ホテルは1955年の創業で、森岳温泉の代名詞にもなっていた老舗温泉ホテル。現在の受け入れ可能宿泊客数は170人程度で三種町内最大で、ここの倒産は森岳温泉郷の存亡にも関わる大打撃なのは間違いない。
 グッドラックも業界団体の定期総会などで何度か宿泊したことがあって、比較的大規模でごく一般的な温泉ホテルだったと記憶しているが、同ホテルには以前から経営不振のウワサがあった。それというのも森岳温泉近辺にはこれといった観光資源や名所がなく、そのため近くにゴルフ場を造って、宴会の翌日にゴルフというプランでテコ入れを図ったがうまくいかず、集客の落ち込みを止められなかったようだ(-_-;)
☆イオンが外旭川に巨大SC建設計画
卸売市場北側に16年にオープンする計画

 昨日5日の秋田魁新報によると、流通大手イオンが秋田市外旭川の卸売市場北側に、秋田市御所野のイオンSCの2.6倍という超巨大SCを計画していることが明らかになった。既存の大規模SCとの違いを出すために、物販商業施設だけではなく温泉や農業体験施設などを併設して、新たな付加価値を提供しようという計画のようだ。
 どうりで同じイオングループのマックスバリュー泉店(今年6月のオープン予定だった)
が、計画中止になった理由がこの超巨大SC建設計画のせいなのかと思えてくる。ただし今回のこの建設計画には、農振除外や市街化調整区域であるために市への開発行為の届け出が必要など、計画実現にはいくつものハードルがあるようで今後の推移に注目していきたい。
☆エリアなかいち~再開発地区の光と影
ハイセンスな店が多いが来年以降の集客は?

 先月オープンしたエリアなかいちに、昨日16日に初めて行ってみました。食品売り場である秋田まるごと市場や北野エースグローサーズは、お盆明けの平日の割に結構な来客数があって、建物の造りが凝っていてハイセンスな雰囲気を醸し出していました。食品売り場のサン・マルシェに隣接する、新秋田県立美術館やにぎわい交流館もを含め、長い時間滞在してもあきさせない施設があるので、今後しばらくの間はそこそこの集客が期待できそうです。秋田の人は新し物好きでオープンから一定期間は賑わうものの、その後リピーターとなって来てくれるかはなんとも言えないですね。おそらく今年一杯は賑わいが続くと思うのだが、歳末大売り出しやクリスマス商戦が終わった来年初めからが正念場になりそうです。
 一方エリアなかいちの周辺部の商店街は、昨年リニューアルした秋田キャッスルホテル以外は、エリアなかいちの波及効果もなく活性化されたとは言い難い。かつて秋田の老舗百貨店として一世を風靡した木内は、13日から16日まで夏期休業との貼り紙がしてあって休んでいたのには驚いた。このデパート(現在は1階の衣料品部門のみの営業でもはやデパートとは言えないが)は、普段から10時から17時までの官公庁より短い営業時間で閑散としている。どういう考えでこんな営業時間でしかも夏期休業をするのかは知らないが、こんな周囲に背を向けたような営業形態でもやっていけるとは、呆れるとともに現在の状態で続けていけるなんてある意味凄い店だなと思うよ(-_-;)
☆なかいちサン・マルシェきょう先行オープン
サン・マルシェを運営するのは秋田まるごと市場

 きょう7月5日から秋田市の中通再開発地区(エリアなかいち)に、商業施設「サン・マルシェ」が先行オープンしています。テレビのローカルニュースによると、あいにくの雨の中、50人ほどが開店待ちの列に並んだようで、さすが秋田の人は新しもの好きが多い?(笑)サン・マルシェを運営しているのは、卸町にある秋田まるごと市場で、卸町店のテナントがほとんどそのまま入店していて、さらに東京新大久保の韓国食品惣菜店のソウル市場や韓国コスメの店もあって、昨今の韓流ブームのトレンドにも乗った店舗構成になっています。ニュース映像を見たところでは、平日でしかも雨が降るという天気の割にはまずまずの人出のようでした。
 前記事にも書きましたが、秋田の人たちは「熱しやすく冷めやすい」傾向があるので、今年いっぱいは開店の勢いでいけそうですが、年が明けてからが正念場となるでしょう。サン・マルシェを運営している秋田まるごと市場のO社長は、業界でも名の知れた商売上手の人なので、今回の韓流店舗の誘致にも見られるような集客のサプライズを仕掛けてきそうです。21日にはにぎわい交流館が開館し、新県立美術館が暫定オープン。21日(土)~22日(日)にはミニライブなどさまざまなオープニングイベントが予定されているようです。「エリアなかいち」が成功して、広小路や駅前がかつてのにぎわいを取り戻して復活するのか、秋田市民の一人としてたいへん注目しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。