秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ヤマトが事業停止、自己破産申請へ
この結末は予想されていたのだが…

 昨日25日、秋田市大町でスーパー「大町こまち」などを運営する「ヤマト」が、事業停止して自己破産申請の準備に入ったようです。帝国データバンクによると、負債総額は約2億8000万円に上るとのことです。

 「ヤマト」に関しては、当ブログの2008年12月31日付けの記事でも、取り上げているので参照していただきたい。
  http://akita2007omoshiro.blog115.fc2.com/blog-entry-113.html

 
参照記事でも書きましたが、2005年10月に現在ラウンドワンのある場所にあったヤマトが、大町ニューシティーに移転しました。大町ニューシティ地下は、ダイエー秋田店の食品部門がダイエーの秋田撤退で閉店して、その後マックスバリューが店舗を開いていたところ。マックスバリューが思うようにいかずに撤退したあとに、しばらくしてヤマトが上記の卸町入口交差点角から移転して開店しました。ダイエーもマックスバリューも、うまくいかなかった場所に、ヤマトが出店しても苦戦するのではと思うのが素人目にも明らかなのですが、ヤマトの経営者はそうは考えなかったようですね(苦笑)
 その後昨年4月に、ニューシティーから向かいのAD地下に移転して、さらに状況の悪化が危惧されていましたが、大方の予想通り今回の事業停止に至ったと思われます。負債総額の大きさからも、たいへん気の毒ではありますが、ニューシティー地下への移転、さらにはファッションビルであるAD地下への食品スーパーの移転は、まったく理解に苦しみますね。今となっては、むしろ5年間もよく持ちこたえてやってきたとも思いますが…(-_-;)

★ヨーカ堂秋田店閉店撤退まであと2ヶ月
ヨーカ堂撤退後の後継テナントは見通したたず

イトーカドー秋田店 

 
秋田店閉店撤退を約2ヵ月後に控えたイトーヨーカ堂は、昨日も元気に(笑)に営業していたが、ホテルα-1側角の植え込みには、草丈の高い雑草が生い茂っている。どうせ2ヵ月後に閉店するのだから、あえて植え込みの手入れなどしないのかもしれないが、有名大手GMSのヨーカ堂さんにしては美観上もちょっといただけない。ヨーカ堂秋田店撤退後の後継テナントはいまだに見通しが立たず、秋田市中央街区の再開発事業にも影響しかねない状況だ。

 
(追記)
 前記事で旧森長総本店を改装して出来た建物を老人福祉施設と書きましたが、完成した建物を見るとどうやら保育所のようです。記事内容に一部誤りがあったことをお詫びして訂正します。


 

 


☆ドン・キホーテ秋田店オープン

激安炸裂で初日は大混雑の大盛況

 昨日18日(金)、長崎屋秋田店が全面リニューアルして、ドン・キホーテ秋田店として生まれ変わってオープンした。長崎屋秋田店の建物をそのまま使っているので、先月の24日の一時閉店から26日後のスピードオープンだ。どんな店になっているのか初日に行こうと決めていたので、仕事の都合で夕方遅くにはなったが出かけて行った。道路は山王十字路あたりから混んでいたがほどなく到着、外観は赤黒地に黄文字のドンキカラーに塗られてかなり派手になった感じだ。駐車場の混雑は想定していたので、最初から少し離れた第2駐車場に車を止めて店内に入って行った。

 秋田県人は新店オープンというと、新し物好きなのかどっと人が押し寄せる。店内は大混雑の大盛況で、1階のレジは16レーンフル稼働なのに4、5人並んでいる状態。価格は開店特売ということもあって、「激安の殿堂」に恥じない激安価格で、近隣のスーパーやディスカウントストアがどうやって今後対抗していくのか見ものだ。われわれ買い物客にとっては激安価格で買えるのはたいへんありがたいけど、競合店の関係者にとってみればドンキのオープンは脅威だろうね。行った時間が遅かったのと1階の食料品と日用雑貨類を買い過ぎたので、昨日は結局2階には上がっていけなかった。なので今日は2階を中心にもう一度行ってみようと思っている(笑)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。