秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★郵便局長が紙幣偽造

郵便局長が偽1万円札を製造 大館署が逮捕

大館署は15日、偽の1万円札を製造したとして、通貨及び証券模造取締法違反の疑いで、大館常盤木町郵便局長斎藤義隆容疑者(48)=大館市片山町=を逮捕した。調べでは、斎藤容疑者は2月上旬、自宅でパソコンなどを使い、1万円札の偽札約490枚を製造した疑い。大館郵便局が14日、大館常盤木町郵便局から回収した現金に偽札があったことから同署に通報、発覚した。(さきがけWebから引用)

旧一万円札490枚印刷…無駄がないな(苦笑)

 なんでも、局で保管していた現金を着服し、その穴埋めのために紙幣を偽造したとか。ニセ札の出来栄えは最悪だったようで、透かしがなかったり、記番号が同じだったりしてしていたらしい。あまりにも拙劣なので、裁判では情状酌量してもらえるかもな~(苦笑)。

 ここの郵便局は、いわゆる特定郵便局だったのだろう。田舎によくある、郵便局と局長の住居が一体となったタイプのようだ。今日のさきがけ夕刊にも、局長以下社員4人の郵便局とある。斎藤義隆局長は、着服を隠すために紙幣偽造までして、ますます罪が重くなってしまいましたね。通貨偽造は、結構罪が重いはずですよ。

 しかしま~、490枚という偽造枚数がとても悲しい。本物をスキャナーで読み取りプリンターで印刷、ここまではまあいいとして、そのあとの裁断が並大抵の苦労じゃないだろう。だから100万円5束造ったらしいから、上下が本物で10枚、無駄なく490枚造ったわけだ…きれいに裁断するのが、いかに大変な作業だったかがわかる(苦笑)…お疲れ様でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akita2007omoshiro.blog115.fc2.com/tb.php/48-cf1be46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。