秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★寺田学氏、秋田市長選出馬を理由に民主党離党
市長選出馬の大義名分で泥船民主党を脱出?

 
菅政権と野田政権で首相補佐官を務めた民主党の寺田学元衆院議員(36)は15日、任期満了に伴う秋田市長選に立候補する意向を明らかにした。18日に秋田市内で記者会見し、正式表明する。市長選は31日告示、4月7日に投開票される。再選を目指す現職穂積志氏(55)が立候補を予定、共産党も候補者擁立を検討している。
 寺田氏は「今の秋田市政に疑問を持っている」とした上で「無投票ではなく、市民が選択できるようにしたい」と立候補する理由を述べた。民主党を離党し、無所属で戦う考えだ。寺田氏は衆院秋田1区で2003年の衆院選から3回連続で当選。首相補佐官を務め、昨年12月の衆院選で自民党候補に敗れた。寺田氏は民主党秋田県連から市長選と同日選となる秋田県知事選への立候補を打診されたが、断った。(緑字部分産経ニュースから全文引用)

 
寺田学元衆議院議員の秋田市長選出馬表明のニュースを聞いて、寺田氏が市長選出馬を大義名分に、泥船民主党から脱出を図ったと見るのは、私グッドラックだけではないだろう。寺田氏は出馬理由の一つに、「無投票ではなく、市民が選択できるようにしたい」としているが、それなら無投票が確定的な知事選にこそ出るべきだろう。市長選のほうは、共産党が候補者擁立を検討している。市長選出馬を選んだのは、泥船民主党を離党することが目的なので、選挙運動期間が短く選挙運動区域も10分の1くらいに狭い市長選のほうが金がかからないからだと推測されます。
 まあいずれどちらの選挙に出ても、当選する可能性はほとんどないでしょうね。それでもこのまま民主党に所属していても、まったく先が見えてこないので、惨敗の落選をしても目的達成ということになってノープロブレム(笑)なのでしょうね。民主党政権で首相補佐官まで務めた寺田氏が、簡単に理由もなく民主党を離党したら批判されるので、今回の市長選はまさに渡りに船だったと思われます。もし寺田氏がそうではなく、ほんとうに今の秋田市政に疑問を持っての出馬だと言うならば、落選後すぐに民主党に復党して見せてください(爆)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いくらなんでも経験の浅い人間に投票するわけがないでしょう
明後日の投票は間違いなく穂積さんでしょう
2013/04/05(金) 22:50:08 | URL | タイヤキ #-[ 編集]
タイヤキさんの御見解を聞きたくて待ってましたよ(笑)
地元のさきがけ新聞は、当たり障りなく激戦とか言ってますが、実際は現職の穂積市長が圧勝すると思います。もし接戦になったら、秋田市民の民度が問われますよ。
2013/04/05(金) 23:05:02 | URL | グッドラック #-[ 編集]
やはり穂積さんが再選したわけですが寺田氏に入った万の票が意外でした 組織票とフレッシュなカリスマ性というところでしょうか 僕的にはまだ力不足という評価にも達していないように思えます わかってはいましたが寺田氏の道は険しいですね
2013/04/09(火) 01:24:23 | URL | タイヤキ #-[ 編集]
寺田氏の得票は穂積氏の得票の8割ちょっとで、私が予想していたよりは意外に健闘したという感想です。たぶん今冬の除雪への不満と、ゴミ有料化への反発が、批判票として寺田氏に入ったものと思われます。しかし除雪はともかくもゴミ有料化の問題は、現職市長としては市民に気に入られる政策だけやっているわけにもいかないので、穂積氏が順当に再選されて良かったと思います。寺田氏については今後どこの政党に所属して、何の選挙に出るのか注目しています。かつて何度も所属政党を変えた、佐藤敬夫氏のような政治家にはなってほしくないですね(-_-;)
2013/04/09(火) 02:57:22 | URL | グッドラック #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akita2007omoshiro.blog115.fc2.com/tb.php/221-d2900af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。