秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★秋田県地価14年連続下落
県内全調査地点平均価格も7年連続全国最低

 国土交通省が発表した公示地価(2012年1月1日現在)によると、本県の土地全用途の平均変動率は前年比マイナス5・8%だった。下落は14年連続。県内全調査地点(192カ所)の1平方メートル当たりの平均価格は3万300円となり、7年連続で全国最低だった。(緑字部分さきがけサイトから一部抜粋

 毎年のこととは言いながら、本県の地価がまた大幅に下落して、住宅地と商業地の調査地点平均で全国最低、とくに商業地では調査が始まった1974年以降の昨年の最低価格を更新した。つまりこれは本県の商業地が、一段と投資対象としての価値を失ってきていることの表れだ。この時期にあまりネガティブなことを言いたくはないが、秋田県の現状はしっかりと認識しておかないといけない。人口減少率も全国一だし、やっぱり「あんべいいな」などと言っている状況ではないのだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この状況で あんべいいな って笑ってしまいますよね
もはや地元民ですら発展の期待してないと思います
自分は期待してるほうですが広小路のシャッター街を見るたびに希望が薄れていきます
あんなに賑やかだった広小路が・・・
年々店が移転してきてはまた消えていく
なんとかならないものでしょうか・・・
2012/03/25(日) 00:04:15 | URL | タイヤキ #-[ 編集]
タイヤキさん、毎度コメントありがとうございます。
たしかに広小路の衰退はひどいですね。車中心の交通体系が、駅前や広小路の衰退の最大要因だと思います。それでも駅前が広小路よりまだマシなのは、少しでも駅に近いメリットがあるからでしょう。郊外大型店と同じ土俵で戦っても、結果は見えています。7月に日赤跡地の再開発物販施設がオープンします。最初は物珍しさで集客できますが、年明けあたりから客足が落ちると見ています。中心市街地の活性化は、抜本的な交通体系の再構築が必要だと思います。具体策をそのうちに記事にしようと思ってますが、日々の忙しさで延び延びになっていて申し訳ありません(-_-;)
2012/03/26(月) 03:34:48 | URL | グッドラック #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akita2007omoshiro.blog115.fc2.com/tb.php/204-e5a38a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。