秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★大王製紙のバカボンが会社の金で豪遊?
創業者孫、井川意高前会長に巨額使途不明金

 大王製紙の井川意高(もとたか)前会長(47)が同社の了解を得ずに、子会社から100億円を超える借り入れをしていた問題で、前会長はこの借り入れの大半を返済しておらず、またその使途について明らかにしていないようだ。創業者の孫であるこのバカボンは、以前からたびたびマカオのカジノに出入りしていて、本人の話によると相当の大損をしていたらしい。この件に関しては、大王製紙から告発があって、東京地検特捜部が捜査に乗り出しているので、今後の真相究明が待たれるが、製紙業界3位で東証1部上場の大企業を私物化した、このバカボンは相当なバカボンボンですね(苦笑)
 大王製紙と言えば、平成2年頃の秋田港地区への工場誘致の一件が思い出される。大王製紙進出による工業廃水公害に反対する住民運動によって、この進出計画は結局断念となったいきさつがあった。大王製紙と秋田県との間で結ばれる予定だった公害防止協定が、旧天王町の漁民などの住民団体の側からすれば、大王側に有利な緩いものであったために、反対運動が激化していたと記憶している。まあ今回のバカボンの使途不明金の一件を見ると、大王製紙が身内に甘いデタラメな企業であることが露呈してしまった。こんな企業が真剣に公害対策に取り組むとは到底思えないので、秋田進出計画がなくなったことは、今思えば幸いだったかもね・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akita2007omoshiro.blog115.fc2.com/tb.php/196-33d3dda4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。