秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★木内向かいのポケットパーク
芝生が剥ぎ取られ放置状態の税金無駄使い

 今年6月には完成して供用されているはずの、秋田市広小路木内向かいのポケットパーク。施工業者が茨城県つくば市の造園資材業者から仕入れた芝生が、放射能汚染されていたのが発覚して、完成間近で工事は中断して現在に至るまでロープで封鎖されていた。最近そのセシウム汚染芝生が剥ぎ取られたようだ。このような例は、秋田市内では新屋の公園でもあったようで、県内では大仙市のどこかの公園でもあって、大仙市長が謝罪会見をしていたように記憶している。
 公園造成工事を施工業者に発注してしまえば丸投げ状態で、あとは何らのチェックもせずに汚染芝生を敷設させた役所の姿勢も問題だが、そもそもこのポケットパークなるものは必要なものなのか疑問ですね。木内向かいの千秋公園の堀端にある問題のポケットパークだが、ここを利用するのは保育士に引率された幼稚園や保育園の幼児あたりか‥だとすれば公園の堀に転落するリスクのあるポケットパークには連れてこないのでは?たぶん誰も利用しないような税金無駄使いのポケットパークを造るより、穂積秋田市長公約の泉外旭川新駅(仮称)をさっさと造ってもらいものです。
スポンサーサイト
★大王製紙のバカボンが会社の金で豪遊?
創業者孫、井川意高前会長に巨額使途不明金

 大王製紙の井川意高(もとたか)前会長(47)が同社の了解を得ずに、子会社から100億円を超える借り入れをしていた問題で、前会長はこの借り入れの大半を返済しておらず、またその使途について明らかにしていないようだ。創業者の孫であるこのバカボンは、以前からたびたびマカオのカジノに出入りしていて、本人の話によると相当の大損をしていたらしい。この件に関しては、大王製紙から告発があって、東京地検特捜部が捜査に乗り出しているので、今後の真相究明が待たれるが、製紙業界3位で東証1部上場の大企業を私物化した、このバカボンは相当なバカボンボンですね(苦笑)
 大王製紙と言えば、平成2年頃の秋田港地区への工場誘致の一件が思い出される。大王製紙進出による工業廃水公害に反対する住民運動によって、この進出計画は結局断念となったいきさつがあった。大王製紙と秋田県との間で結ばれる予定だった公害防止協定が、旧天王町の漁民などの住民団体の側からすれば、大王側に有利な緩いものであったために、反対運動が激化していたと記憶している。まあ今回のバカボンの使途不明金の一件を見ると、大王製紙が身内に甘いデタラメな企業であることが露呈してしまった。こんな企業が真剣に公害対策に取り組むとは到底思えないので、秋田進出計画がなくなったことは、今思えば幸いだったかもね・・・
☆高校駅伝県予選 男子は花輪、女子は大曲が優勝
男子は花輪が秋田工の14連覇を阻み優勝

 昨日16日、全国高校駅伝秋田県予選が行われ、男子は花輪が14年ぶり4度目の優勝、女子は大曲が2年ぶり5度目の優勝となった。両校は全国高校駅伝(12月25日・京都)の出場権を獲得した。
☆優勝タイム
男子1位 花輪2時間12分02秒
(昨年1位 秋田工 2時間08分25秒)
(全国大会9位入賞2時間06分42秒

女子1位 大曲1時間13分24秒
(昨年1位 花輪 1時間10分47秒)
(全国大会20位 1時間11分24秒)
 昨年の記録からみると、強風の影響もあって男女ともタイムを大きく落としてはいるが、本番の都大路まではまだ2ヶ月余りあるし、伸びシロの大きい高校生なので、さらなるレベルアップをして本番での快走を期待したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。