秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★秋田市の水道水
水道水の原水は結構汚いんだな(-_-;)

 今朝のAABサタナビで、秋田市の浄水場や配水場の紹介をしていた。それによると秋田市の大部分の水道水は、雄物川下流の仁井田浄水場で処理されたものらしい。番組の中で見た雄物川下流から取水された原水は、雨の後なのか茶色く濁っていて、決してキレイとは言えないというか、あれを見せられたらちょっと飲む気になれないレベルだった。もともと雄物川の水は雄勝郡の山奥の源流部から、長い距離を流れてきているわけで、その途中でいろいろな排水やゴミなども流れこんで、汚れていても不思議はない。それを浄水場で濾過殺菌をして、飲料水として適した水に浄化しているわけだ。日頃はそれを信頼して水道水を飲んでいるわけだけど、汚れた原水を見てしまうと下流沿岸部の宿命とは思うもののちょと引いてしまうなあ…
 だからといって現実には、乳児のいる時期は別にして、常にミネラルウォーターを買い続けるわけにもいかないし、ウォーターサーバーの会社と契約して注文する気にもなれないのが正直なところ。結局飲み水だけでも、スーパーなどの店頭に置いてある大型浄水器からの水を利用しようかと思っている。毎度スーパーに行って水を汲んでくる手間がかかるけど、この大型浄水器の場合は不純物の除去に効果的なRO膜を使っているらしくて、家庭用の普通の浄水器は塩素除去の効果しかないらしい。福島第1原発からの放射性物質の拡散が心配されている時期でもあり、いつまで続けられるか分からないけど、しばらく手間ひまかけてスーパー店頭から水を汲んでくることにするかな…(苦笑)
スポンサーサイト
☆スギ花粉終息
今年はなぜか被害軽微…免疫付いた?(^^)

 どうやら今年のスギ花粉飛散は終息したようだ。毎年ひどい花粉症に悩まされる私グッドラックは、今年はなぜか被害が軽微のまま終息の時期を迎えて、たいへんうれしい誤算に喜んでいます。早くからマスクを着用したせいなのか、それとも目が痒くなってもこすらずに、花粉症用の目薬をマメに差したせいなのか、理由はわかりませんがとにかくめでたいことです。もしかして花粉症の免疫が付いたのかも?…なーんてね。来年もまた軽く済んでほしいものです。(^o^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。