秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆既存ビルの解体工事すすむ日赤跡地再開発
解体工事は中央通り側の2棟のビルを除き完了
 
 キャッスルホテル前の道路を車で通ると、日赤跡地再開発の既存ビル解体工事現場が目に入る。中央道路開通後も残っていた既存ビルのうち、最初に日本生命ビルが解体されて、次に旧長崎屋の古澤ビルが今年に入って完全に姿を消した。そのせいでキャッスル側から、ドーミーインや明徳館高校が見えるようになって見通しがよくなった。中央通り側は千代田生命ビル隣の古い飲食ビル2棟が短い工期で一気に解体されて、まだ残っているのは中央サロンやクレッセントが入っていたビルだけになった。向かいのキャッスルホテルも全面的に全館リニューアル工事が行われていて、1月17日から3月19日にかけては全館休業中だ。

 中央通り側にまだ残っているビルの解体を待つことなく、工事は再開発の核となる物販店舗の基礎部分に取り掛かっているようだ。なので中央通り側に建設予定の高齢者向け集合住宅の完成は遅れて、全体の同時オープンとはならないのかもしれない。解体工事の遅れといえば、大町の秋田ニューシティーの解体工事も、外から見た感じでは3月末の予定工期までにできないような気がする。中のほうで進んでいるのかもしれないが、駐車場部分以外の外壁がほとんど残っているし、基礎の解体やパイル抜きもあるので、果たして3月末までに完全に更地にできるのか、あそこを通るたびに注目しているところだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。