秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ドン・キホーテ秋田店オープン

激安炸裂で初日は大混雑の大盛況

 昨日18日(金)、長崎屋秋田店が全面リニューアルして、ドン・キホーテ秋田店として生まれ変わってオープンした。長崎屋秋田店の建物をそのまま使っているので、先月の24日の一時閉店から26日後のスピードオープンだ。どんな店になっているのか初日に行こうと決めていたので、仕事の都合で夕方遅くにはなったが出かけて行った。道路は山王十字路あたりから混んでいたがほどなく到着、外観は赤黒地に黄文字のドンキカラーに塗られてかなり派手になった感じだ。駐車場の混雑は想定していたので、最初から少し離れた第2駐車場に車を止めて店内に入って行った。

 秋田県人は新店オープンというと、新し物好きなのかどっと人が押し寄せる。店内は大混雑の大盛況で、1階のレジは16レーンフル稼働なのに4、5人並んでいる状態。価格は開店特売ということもあって、「激安の殿堂」に恥じない激安価格で、近隣のスーパーやディスカウントストアがどうやって今後対抗していくのか見ものだ。われわれ買い物客にとっては激安価格で買えるのはたいへんありがたいけど、競合店の関係者にとってみればドンキのオープンは脅威だろうね。行った時間が遅かったのと1階の食料品と日用雑貨類を買い過ぎたので、昨日は結局2階には上がっていけなかった。なので今日は2階を中心にもう一度行ってみようと思っている(笑)

 

スポンサーサイト
★橋本五郎氏の民主批判(呆)

読売にいてはナベツネの意のままか

橋本五郎 橋本五郎氏

 秋田県琴丘町(現三種町)出身で読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏が、日本テレビのズームインSUPERで連日民主党批判をしている。30日の選挙直後は、「民主党の308議席は多すぎる」と国民の投票結果が誤りであるかのように言っていた。国民の審判にケチを付けるとは、あんたはいったい何様なのか(呆)それを言うなら4年前、小泉純一郎が「郵政民有化YesかNoか?」とのワンフレーズ詐欺選挙で取った自民党の300超の議席こそが取りすぎだ。

 そして最近は「民主党内の権力二重構造は問題だ」とか言っている。これは鳩山代表と小沢次期幹事長が二重権力だと批判しているようだが、歴代の自民党政権のほとんどが、後ろで派閥のボスが支配している二重権力だったことを忘れているようだ。それにわれわれ国民にしてみれば、国民のためになる政治をしてもらえば二重権力だろうがそんなことはどうでもいいことだ。

 もう一つ言わせてもらえば、読売グループこそが、今でもナベツネこと渡邉恒雄氏が実権をふるう二重権力だろうにね(笑)橋本氏は読売グループの総帥ナベツネ氏の意を受けて、連日の民主バッシングをして自民党の復活のために画策しているのだろうが、テレビでのあまりにも見え見えの世論誘導はほんとに見苦しい限りだ。

 

 

  

★落選の二田孝治前議員の今後は?

過去7回当選も入閣がないまま引退か?

 一昨日の衆議院選挙、大方の予想通り自民党の大惨敗、民主党の大躍進という結果に終わった。秋田県の3小選挙区でも、民主党公認候補と民主党系候補が独占という結果になった。ここ秋田1区では前職の寺田学氏(民主党公認)が、次点の二田孝治に3万票以上の大差をつけて圧勝に終わった。前回の小泉郵政選挙では、自民党に追い風が吹いていて、寺田二田両氏が接戦となって、惜敗した二田氏は比例で復活当選を果たしていた。

 今回は小泉郵政ペテン選挙の裏返しで、民主党に追い風が吹いていたので、二田氏は寺田氏に大差をつけられて、比例での復活当選はならなかった。ところでこの二田孝治氏は、前回までで当選7回を数えるベテラン議員なのだが入閣したことがない。普通、大臣適齢期というのは当選5~6回で、当選7回の二田氏はもうとっくに大臣を経験していてもいいのだが、運が悪いのか政界での押しが弱いのか、とうとう大臣になれないままで終わりそうだ。

 推測される二田氏の今後ですが、氏も現在71歳になっていますし、次の衆院選はおそらく任期満了近くの4年後になりそうで、その時は75歳になっています。自民党の内規では73歳以上の立候補者は、比例区に重複立候補ができないことになっています。そうすれば小選挙区で、現職の寺田学候補に勝たなくてはならず、これはかなり困難だと思われます。したがって自民党支部と後援会組織が決めることですが、今回を最後に引退ということになりそうですね。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。