秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆竿灯大通りに3店目のローソン

約250m間隔でローソンが3店舗…(-_-;)

 秋田市の通称竿灯大通り(二丁目橋~山王十字路約1000m)に、この通り3店舗目のローソンがオープン間近となっています。詳しい場所は竿灯大通りのほぼ中央、旧三井アーバンホテル(撤退により現在は空ビル)だったビルの隣の、以前ENEOSのGSだった場所です。ここは他の2店舗と違って、ビルの1階のテナント店舗じゃなくて単独店舗なので、駐車場もかなりのスペースで完備されているようです。

 他の2店舗は約250m東側向かいにある繁田園隣の店舗と、そこからまた約250m東側の新店舗と同じ側、ダイワロイネットホテル1Fの店舗です。もともとこの2店舗が同系列なのにずいぶん近い立地だと思っていましたが、また約250m間隔でもう1店舗作るとは驚きです。約500mの距離に同系列のコンビニが3店舗では、ローソン同士で競合するのでは?と思ってしまいますが、ローソン本部にしてみればドミナント効果を狙ったのかもしれませんね(苦笑)

スポンサーサイト
★カラスVS黄色いネット

カラスは黄色いネットを見破った!?

 秋田市内各町内のゴミ集積所では、ゴミを荒らす悪質常連カラス対策として、黄色いネットをかぶせるようになって久しい。これはカラスが黄色の色盲だという説に基づいて、ゴミ袋を黄色いネットで覆ってしまおうという作戦だ。たしかに青や黒のネットに代わって、黄色いネットを被せるようになった当初は、めざましい効果があったようだ。しかし最近は、学習効果の高いカラスに見破られてしまったのかと思える現象が見られている。

 案の定けさ車を走らせていると、黄色いネットを被せた集積所2か所で、黄色いネットの上からカラスがゴミ袋をつつこうとしている姿を見かけた。依然として青や黒のネットよりは効果的だが、頭が良くて人を食ったようなカラスには、もはや見破られてしまったのかも知れない。カラスにも個体差があって、まだまだ平和な集積所もあるけど、すでに見破られていてネット内にしっかりゴミを入れていかない不心得な住民がいる所では、見るも無残に常連カラスに荒らされているようです(苦笑)

 

☆マイケータイが4代目に代替わり

バッテリーが劣化すると膨張するんだね~

 先月末にマイケータイがついに通話不能になって、このあいだの日曜日に急いでソフトバンクショップに行って機種変更してきた。これでマイケータイは4代目に代替わりで、初代からau、au、softbank、softbankの順になっている。3代目までの代替わりは機能に不満があっての機種変更だったけど、今回は初めてバッテリーの劣化による通話不能が原因だ。ケータイのバッテリーが劣化すると、驚くほど膨張するというのを初めて知ったよ(苦笑)もうダメになった705SHを横から見ると、膨張したバッテリーに押された後ろ蓋が、かなり反り返っているのがわかる。

 ついでに記念に取っておいていた2代目ケータイを探して取り出してみると、な、なーんとバッテリーがパンパンに膨らんでいて、後ろ蓋が弾け飛ぶ寸前になっていた(驚)あー、気付いてよかった、すごく危険な状態だった。記念に取っておくとしても、古いバッテリーは取り外してショップに処分を依頼しておくべきだと思ったよ。3代目ケータイのバッテリーは、特別に酷使したつもりはないけど、2年とちょっとでダメになってしまったな~。機種変更するときのデータコピーは、ちょっと面倒なんだよね。電話帳はショップで責任を持ってやってくれるけど、それ以外の写真や音楽なんかは自分でメモリーカードにコピーしなくちゃいけないから大変だった。

 そんななんやかんやの面倒はあったけど、遅ればせながらマイケータイが今回の4代目から晴れてワンセグケータイになった。もともと私グッドラックがテレビを見るのはスポーツ中継が一番多いから、外にいて途中経過が知りたいときや、実況を見たいときなどにたいへん便利になった。さっそく外出先で宝塚記念を視聴できて助かったけど、レース結果はディープスカイがまさかの3着で買った馬券は大外れだった(苦笑)3代目ケータイは胸ポケットに入れていて落としたことが2、3回あったので、新ケータイではそんなことがないように気を付けたい。もしかして3代目のバッテリーの寿命が短かったのは、何度も落とした衝撃が原因だったのかもしれないな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。