秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆秋田商野球部小野平監督引退

秋商を春夏7度甲子園に導き春2度8強入り

 以前から噂には聞いていたが、秋田商野球部小野平監督が勇退したようだ。長年の激務からの体調悪化が、今回の引退決断の主な理由なのだという。小野監督というと、秋商で春センバツの2度のベスト8入りなど、74年に能代商監督からスタートして、34年間の監督生活で実績を残してきた。

 その輝かしい歴史とともに、98年秋田県大会決勝の金足農との死闘が思い出される。この試合は5回まで秋商が16-6と10点のリード。だれもが秋商の優勝で甲子園は決まりだと思った。しかし金農は7回から猛然と反撃、9回には一挙5点を挙げてついに16-17と試合を引っくり返して優勝した。試合後、自校グランドに戻り選手に「俺の責任だ、申し訳ない」と深々と頭を下げていた姿がTVニュースで流れていた。

 秋田県高校野球史に数々の歴史と名勝負を残してきた小野平監督、名将がついに59歳で、秋商のユニフォームを脱ぐことになった。秋田県高校野球の名物監督でもあったので、時代の流れとはいえ何とも言えない寂しさも感じますね…「長い間お疲れ様でした。ゆっくり静養してください。」と言うしかない。

スポンサーサイト
☆佐々木希はテリー伊藤も一押し(笑)

大ブレークの可能性があるモデル佐々木希

 現在売り出し中で、集英社のファッション雑誌PINKYの専属モデルでもある佐々木希に、大ブレークの兆しがあります。すでにCMやテレビ出演で、知っている人も多いかと思いますが、さらっと書いておこうかと…彼女は秋田駅前にあるフォーラスのショップ店員からファッションモデルになったようです。秋田市出身で所属事務所はトップコート。テリー伊藤が非常に高く評価していて、日テレ朝の「スッタメ!!」の中で、何度か取り上げて絶賛していました(笑)写真の通り超キレイで性格も良いようなので、今年中に大ブレークするかもしれませんね。

佐々木希 

★ブックシティPIAA突如閉店

大型書店で結構流行ってると思ってたが…

 秋田市外旭川のショッピングモール、サンフェスタ内にある大型書店&ビデオレンタルのブックシティPIAA(ピア)が、おとといの7月14日(月)を最後に営業を停止したようです。きのう15日には、仕入れ先が手配したと思われるトラックが横づけされて、多くの商品が搬出されていったとも聞いています。

 ブックシティピアは店内も広くて、結構流行っていると思っていましたが…ただ入り口が2ヶ所に分かれていて狭く、店内が外から見えないのもあってなんとなく入りづらい雰囲気はありましたね。それと店内に段差があるのも、ちょっと違和感がありました。それでもお客さんは結構入っていたと思ってたので、突然の閉店には正直驚きました。

 確認のために今日サンフェスタに行って、建物と入り口の貼り紙を写真に撮ってきました…それを見ても何かまだ信じられない気分ですね。

ブックシティピア正面   ブックシティピア貼り紙

 ブックシティピア正面    入り口のお知らせ文

★鳥居みゆきは秋田県出身って言うな!

超気持ち悪い白装束リング貞子風女ピン芸人

鳥居みゆきテディベアと鳥居みゆき

 皆さんは鳥居みゆきという気持ちの悪い女ピン芸人を知っていますか?「知ってる人は知っている、知らない人は知らないよ、三浦のボイラ…(笑)」くらいの知名度なんですが、白装束(白パジャマらしいけど…)で「ヒットエンドラーン、ヒットエンドラーン」と呪文を唱えながら登場する超キモい女です。で、その姿と目つきは、さながらリングの貞子のようです(恐)。どうです、上の写真気持ち悪いでしょ?

 その鳥居みゆきが、常日頃から秋田県出身を公言しているらしいことを許せませんね(怒)…どうやら生まれが秋田県のどこからしいんですが、ごく幼少期にいただけで、27歳の現在まで人生の大半を埼玉県北部で過ごしてきているのに、Wikiなんかで秋田県出身となっているのは迷惑なんだよね。今後は、ほんのちょっとしかいなかった秋田県出身じゃなくて、埼玉県北部出身とはっきり言ってほしいよ。

 

★辻兵吉氏(前秋田商議所会頭)が死去

秋田県財界の重鎮で県経済の発展に尽力

 前秋田商工会議所会頭の辻兵吉(つじ・ひょうきち)氏が5日午後10時25分、肝臓がんのため、秋田市内の病院で死去した、82歳であった。辻兵吉氏は、辻兵系列の企業グループの総帥として、また県内の経済、スポーツなどの各種団体の役職も数多く務めてきた。

 そのため式典や会議などで、挨拶や講演をすることも多く、太くて通りのよい声での話しぶりは毎回見事でした。辻兵グループの総帥は、代々辻兵吉を名乗り故人は5代目。今後は子息の辻良之氏が、6代目辻兵吉を襲名することになるのだろう。心より5代目辻兵吉氏の御冥福をお祈り申し上げます…合掌

辻兵吉5代目 辻兵吉氏

★今度は小安峡「鶴泉荘」が破産準備

休業中の鶴泉荘を経営の小安観光が破綻

 前回記事の加藤組に続いて、小安峡を代表する温泉ホテル「鶴泉荘」が破綻した。正確には「鶴泉荘」を経営する「小安観光」が破産準備に入ったとのことだが、観光客のわれわれには「鶴泉荘」のほうがわかりやすい。鶴泉荘は小安峡で最大の温泉ホテルで目立つ建物だ。

 私グッドラックも、10年位前に宿泊したことがあって、今回経営破綻したのはたいへん寂しく思いますね。ここら辺一帯は豪雪地帯なので、冬場の集客などで苦戦していたのだろうか?いずれここがなくなってしまうと、小安峡全体の観光にも影響するので、どこかが買い取って経営を続けてもらいたいと願う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。