秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆キャッスルビアガーデンOPEN!

毎年恒例の5月末OPEN275…まだ肌寒い

 日付が変わってきのう30日の金曜日、秋田キャッスルホテルのビアガーデンがオープンした。ここのホテルでは、毎年5月末にビアガーデンをオープンする。今の時期の北国秋田では、屋外で冷たい生ビールはまだまだ早い感がある。きょうも日中は晴れてはいたものの、強風が吹き荒れていて寒かっただろうと思う。

 それでも初日には、毎年地元テレビ各局が取材に来ることもあって、物好きな数グループが酒宴を催していた様子が、夕方のローカルニュースで流れていた。もちろん客も寒かっただろうが、ここのウリの水着姿のビアガールは相当寒かったに違いない。客に生ジョッキを運んだあとは、控室でサッカーのベンチコートを着込んで震えていたんじゃないかな~(笑)

秋田キャッスルホテルビアガーデンネット

スポンサーサイト
★中央通りの廃墟ビル

あの廃墟ビル旧「和食会館」ついに解体か

 知る人ぞ知る、秋田市中央通りの廃墟ビル旧「和食会館」が解体されているようだ。今のところ解体らしいということで、もしかしたら改装かもしれないけど(笑)…でもあの古くて汚い廃墟ビルを改装というのは、ちょっと考えにくいので、街の真ん中ということで少しずつ解体してるのだろうと思う。

中央通り廃墟ビル

この画像の引用元「二〇世紀の秘密基地」様より

参考関連記事:街中の廃墟 和食会館

 場所は秋田市中央通りの山崎耳鼻科の2軒西側、江川はんこ店のとなりの1970年代初めの建築といわれる廃墟ビルで長期間使われていない。入口のシャッターは錆ついていて、1階にあった喫茶店「茶居珈」の窓ガラスはなく、中の荒れ放題ぶりが路上からも見える。新築時は「和食会館」という名称で、和食中心の飲食店ビルだったようだ。グッドラックの記憶では、その後テナントとして、上の方の階に中国料理の店(店名は龍鳳?)が入っていたような気がするけど定かではない…今となっては荒れ果てた廃墟ビルが残るだけで、当時の面影はまったくない。

【追記】…きのう25日の日曜日、中央通りを車で通ったら、この廃墟ビルに足場が組まれて、1階の「茶居珈」の外壁はかなり壊されていました。ガラスや窓枠、道路側の外壁など危険な部分を取り除いてから、重機を入れて一気に解体するのでしょうね。

詳しい関連記事は…廃墟ビル「和食会館」解体


★西武デパ地下の「魚きん」刺身使い回し

期限切れ刺し身販売、西武の鮮魚店

 秋田市保健所などが調査 秋田市中通の百貨店・秋田西武の地下食品売り場に出店する鮮魚販売の「魚(うお)きん」(東京都、卜部昭直社長)秋田店が、当日限りの消費期限の刺し身の残りの一部を、翌日の刺し身の盛り合わせに使い、販売していたことが、20日分かった。(さきがけサイトから一部抜粋)

どういう経緯で発覚したのか、内部告発?

 いやはや、昨今話題の船場吉兆も引くような、生ものの期限切れ刺身の使い回し。今度は高級料亭ではなく、一流百貨店デパ地下のテナント鮮魚店での不祥事だ。それも地元秋田市の西武デパ地下で起きて、全国ニュースで報道されるとはビックリ仰天ニュースだよ(苦笑)

 グッドラックは西武デパ地下では、南国屋の野菜は安くて鮮度がいいので、何度か買ったことがある。この鮮魚店ではさいわいにも買った記憶がないけど、あの店が「魚きん」という名前ということも知らなかった。

 ところで今回の刺身使い回しが発覚したのは、どういう経緯でのことなのか。いわゆる内部告発による、辞めた従業員あたりがバラしたのか?もしそうであれば鮮魚店だけじゃなく、居酒屋などの飲食店の多くは、内情をバラされるのではないかと怯えているかもしれないな(苦笑)

★県職員が大胆な泥酔運転

県職員を酒酔いで逮捕、大仙署

 路外に逸脱、泥酔状態

 大仙署は18日、酒酔い運転の疑いで、大仙市南外字梨木田、県農林水産技術センター畜産試験場主任技師、佐々木克容疑者(51)を逮捕した。

  調べでは、佐々木容疑者は同日午後4時50分ごろ、同市南外の県道で酒に酔って乗用車を運転した疑い。進行方向左側に路外逸脱したため、付近住民が110番通報して発覚した。泥酔状態だったという。

(2008/05/19 さきがけサイトから全文引用)

なんとも大胆でアホな県職員だな
 このニュースの映像を、昼のNHKローカルニュースで見たが、道路を思いっきり逸脱して、道路脇の斜面を駆け降りて休耕田に突き刺さっていたぞ。現場の写真を探したがないのが残念だ。はたして佐々木容疑者にどういう処分が下されるのか…これが公立学校の教師なら、過去の例からほとんどが懲戒免職。一般の公務員や警察官の場合、身内に甘いあっと驚く大甘処分ってこともあるから注目だな。酒酔い人身事故ではないとはいえ、泥酔状態での運転で事故を起こして諭旨免職や停職で済むのなら、教師と他の公務員とのダブルスタンダードということになる。綱紀粛正という意味からも、厳しく懲戒免職処分とするべきだと思う。
☆北都銀行、荘内銀行が経営統合へ

2年後めど、県境越え東北初

 預金量が県内2位の北都銀行(秋田市、加賀谷武夫頭取)と山形県内3位で東証1部上場の荘内銀行(鶴岡市、町田睿頭取)が、2010年4月をめどに持ち株会社を設立して経営統合へ向け詰めの協議をしていることが13日、分かった。両行は14日、それぞれ取締役会を開いて経営統合の方針を固める見込みだ。(さきがけサイトから一部抜粋)

合計の預金量で両県トップ銀行に肩並べる

 銀行業界ではすでに周知の事実かもしれないが、秋田県の経済関係では久々のビッグニュースだ。北都銀行と荘内銀行の預金残高をそのまま合計すると、両県のトップ銀行である秋田銀行と山形銀行に並ぶことになる。秋田県の地元銀行では、1位の秋田銀行と2位の北都銀行の規模と内容に、今までは少なからず開きがあった。今回の荘内銀行との経営統合が完了すれば、少なくとも規模では秋田銀行にほぼ匹敵することになる。秋田銀行と北都銀行が良い意味で競争してサービス向上になれば、取引先や利用客にとってはたいへん良いことなので、北都銀行にはより一層頑張ってもらいたい。


☆伊徳新国道モール完成間近

6月初めのオープン予定に向け工事も最終段階

 伊徳を核にダイソー、サンドラッグの3店舗で構成される、伊徳新国道モールの建設工事が急ピッチで進んでいる。正面右手に見える、一番大きな建物がたぶん伊徳だろう。その左手の建物がダイソーで、手前左側がサンドラックかな。3つの建物とも外装など建物本体はほぼ出来上がっていて、あとは内装仕上げと駐車場のライン引きなど、外溝工事を残すだけのように見える。それも今月中には終わり、商品搬入と最終チェックをしてオープンとなるのだろう。

 オープン当初は大特売を実施するだろうから、あの駐車スペースではそうとう混雑しそうだ。まあ開店特売が一段落して落ち着けば、駐車場のキャパとしてはあれで十分なのかもね。スーパーやドッラッグストアなどの激戦地区の、ほぼ中央に位置する伊徳新国道モール。他の競合店舗との商戦が見ものです。われわれ消費者としては、日々の買い物の選択肢が増えるわけで大歓迎(笑)…各店舗の店長さんたちは、ますますの競争激化でたいへんでしょうけどね。

☆元滝伏流水は見事だけど…

元滝伏流水…途中の道は超ワイルド

 この記事を書いているうちに日付が変わって、2008年大型連休はきのうで終了…と言っても5月3日からのショート4連休の人から先月26日からのロング11連休の人まで様々であったようです。おいおい、誰が11連休やねん?途中の平日を有給でかなり埋めないと11連休にはならんぞ。そんなに休んでもいい人は、会社にとって、もうどうでもいい人じゃないのか?なんて思いっきりひがんでみたりもする(苦笑)

 どうせGW期間中は、どこへ行っても混雑しているだろうから、今年のグッドラックは県内近場の日帰りにしました。そこで5月4日に奈曽の白滝のさらに先にあって、知る人ぞ知る元滝伏流水に初めて行くことにしました。4日昼過ぎの遅い出発で、象潟に向けてマイカーで出発しました。途中7号線バイパスの雄物大橋を過ぎると、左車線が渋滞していました。あれは大森山動物園までつながる大渋滞だったようです。

 わが御一行様はそんな大渋滞は関係なく、快調に進んで岩城からは無料の高速で、仁賀保両前寺まで一気に行って、休憩地点の道の駅象潟「ねむの丘」まで約1時間で到着。ヤッホー、無料高速のおかげで快適に時間短縮できました。道の駅「ねむの丘」は大混雑でしたが、イカ焼きやホタテ焼きを食べて元滝伏流水に向けてGO!何度も行った奈曽の白滝には寄らずに通過して少々行くと、元滝の案内板があってそこを右折。道がだんだん狭くなって元滝第一駐車場へ…そこの案内板によると、さらに元滝伏流水の近くに7台止められる第2駐車場が…

 道はさらに狭くなって、対向車が来たらやっとすれ違えるかというほどだ。そして今度は狭い急な下り坂が…ヒエ~行けるのかよ12、と思ったら遠くに駐車している車を発見!一瞬戻ろうかと思ったよ(苦笑)気を取り直して前進して、第2駐車場にやっと車を止めました。そこから5分ほど歩いて見事な元滝伏流水に到着。評判通りの筋状に流れ落ちるきれいな滝でした。ここからさらに200mくらい上流に、元滝本体があるそうですが、時間も遅くなってきてたのと、通行止めの標識に逆らわずに今回はやめておきました。

元滝伏流水2元滝伏流水

 

★「比内鶏」藤原社長ついに逮捕

何でこのタイミングでの逮捕なのか?

 大館市の食品加工製造会社「比内鶏」は、廃鶏などを使った比内地鶏偽装事件で、昨年11月から警察の捜索を受けていた。早い段階での、藤原誠一社長らの逮捕が予想されたが、なぜかおよそ半年後の昨日5月1日の逮捕となった。おりしも4月28日の十和田湖畔での、白鳥の死骸から強毒性の鳥インフルエンザH5N1型の検出から3日後で、何らかの関連を勘ぐりたくなってくる(苦笑)

藤原誠一社長藤原誠一社長

 ところでこの藤原社長、見ての通りの田舎の誠実温厚を絵にかいたような社長さんだ。偽装発覚後に数日間姿をくらまし、自殺しようと森の中をさまよっていたなどと言って、世間の同情を集めたこともあった。しかしながら実態は、以前から偽装を知っていた会社幹部たちも、藤原社長が恐くて偽装をやめるようには言えなかったそうだ。外見とは違ってこの藤原社長、かなりコワモテだったようで風貌でかなり得をしているようだ(笑)

 偽装の比内鶏社は現在破産手続き中だが、グループ会社の「大館養鶏」と「秋田鶏卵食品工業」は、それぞれ「リアルフーズ」と「E&TAMAGO」と社名を変えて営業を続けている。ここらにも藤原社長の、その風貌とは裏腹なしたたかさが見えてくる。今後この藤原社長が送検されての裁判で、はたして実刑となるのか、それとも執行猶予が付くのか注目ですね。

★駆け込み給油ラッシュ終了

利権バラマキ自民党がガソリン再値上げ強行412

 まったくもって自民党ってのは、国民のことなど全然考えていないクソ政党だよ。自民党の議員たちは、自分ら自民党と官僚、そして地元の取り巻き土建業者しか眼中にないのだろう。次の総選挙では、思いっきり懲らしめてやるしかありませんね。のど元過ぎればなんとかで、忘れっぽくてお人よしの日本人ですが、今回の自民党の暴挙はよく覚えておきましょう。359

 きのうの行きつけのセルフスタンドは、再値上げ前日とあって平日にしてはやや混雑してましたね。その後夕方の仕事帰りの人が加わって、5時を過ぎたあたりからは25日の日曜日並みの駆け込み給油ラッシュとなったようです。ガソリンスタンドは、3月仕入れ分の高いガソリンを、4月初めに安く売って多大な損失を被ってたいへんだったようです。われわれドライバーにとっては、わずか1ヶ月のサービス月間に終わったガソリン価格でしたね。292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。