秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★能代工、洛南に敗れる

第2Q 満原が無念の負傷退場

 高校バスケットボールの第38回ウインターカップで、第1シードの能代工は、第4シードの洛南(京都)に敗れ、9年ぶりの3冠達成はならなかった。能代工は第2クオーターに、1m98cmの長身センター満原が、足首を痛めて負傷退場。これ以降、ほとんどのリバウンドを相手に取られ、ゲームメイクができずに、72-102で残念な敗戦となった。

 一方、全国高校ラグビー(花園ラグビー場)に、42年ぶりに出場している秋田中央は、1回戦で萩工・萩商工(山口)に29-10で快勝した。雨降りのあいにくの天気で、ボールが滑ってのハンドリングミスもあって、自慢の高速BK陣が全開とはならなかった秋田中央だが、FW戦で優位に立って、ドライビングモールからのトライを2本決めるなどFW陣が奮闘した。30日の2回戦では、重量FWの青森北と対戦する。

スポンサーサイト
☆彡能代工、地元国体で15度目の優勝
315能代工、福岡選抜を破り2冠達成、3冠に王手

○秋田(能代工) 79-64 福岡(選抜)●
   
  (能代工は9年ぶり15度目の優勝)

今年の能代工は強い…地元秋田わか杉国体ということで、わたしも昨日おとといと休みを取って、能代まで観戦に出かけました。きょうは行けませんでしたが、ここまでの戦いぶりから、優勝を確信しておりました。きのうの東京選抜戦では、キャプテン渡部や高橋、長谷川の鋭く切れ込んでのシュートが、要所でおもしろいように決まっていました。そして高さでも、198センチの満原優樹が、相手の201センチのセネガル人留学生を完全に押さえ込んでいました。これで能代工は、インターハイに続いての2冠達成、年末のウインターカップで、高校バスケット3冠を狙うことになります。今年のチームなら、田臥勇太らが活躍した平成10年以来の3冠もやってくれそうです。大いに期待しましょう(笑)81
☆彡能代工、久々の全国優勝

インターハイで4年ぶり22回目の優勝


○能代工 95ー89 福岡大大濠●


ここ数年、インターハイだけじゃなく、ウインターカップや国体でも無冠が続いていただけに、王者復活はうれしい限りだ。最近はセネガル人留学生を入れた学校が、高さを武器に全国大会を席巻していただけに、日本人だけで勝負する能代工の復活はうれしい。今後も「必勝不敗」で頑張ってほしい。


さらにレスリングの秋田商も、宿敵霞ヶ浦を破って2年連続3回目の優勝。秋田国体も期待できる優勝だ。能代工も秋田商も、秋田から遠く離れた佐賀での快挙はさすがです。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。