秋田ローカルなんでもブログ
秋田の政治、社会、経済、スポーツ、文化その他なんでもツッコミ鋭く書きまくるブログ。時にはヤバくてキナくさい話も。なので、本名や住所その他個人情報はかんべんしてね(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★梅雨入り宣言したとたんに晴天続く

天気は気象台の期待通りにはならない!?(笑)

 先週の11日(木)の雨の日、仙台管区気象台は「秋田県を含む東北北部が梅雨入りしたとみられる」と、梅雨入り宣言を発表した。ところが皮肉なことに、その後は気象台の発表に逆らうかのように晴天続きだ。そもそもこの梅雨入りとか梅雨明けとかいうものは非常にあいまいで、気象台が梅雨入りを発表したからといって、その日を境に急に梅雨らしくなるわけじゃないのだ。

 梅雨入りも梅雨明けも「梅雨入りしたとみられる」とか「梅雨明けしたとみられる」と、最近は非常にあいまいにぼかした表現になっている。梅雨明けなどはかなりあとからさかのぼって、「〇月〇日頃に梅雨明けしていたとみられる」なんていう発表の年もあるくらいだ。気象台がいくら最新機器を使って観測しても、元々ここからここまでと線引きできるような甘いものではないのだ(笑)

スポンサーサイト
☆白鳥の群れの北帰行続く

白鳥は暗くても飛行可能?

 今日の夕方6時すぎ、なにか白鳥らしき鳴き声がすると思って空を見上げたら、シベリアに帰る白鳥の群れが飛んでいた。あたりは日がとっぷりと暮れて、もうほとんど真っ暗で夜だ。白鳥は鳥目で夜は見えないんじゃないのか?それとも白鳥の頭の中には、高性能GPSが内蔵されていて暗くても飛行可能なのか405

 白鳥の群れは、V字型の編隊を組んで北の方向に飛んで行った。V字の頂点にいるのは群れのリーダーなのか。かなり暗くなった空を、強行軍でシベリアを目指しているのか。無事に遭難しないで、はるか北の目的地に着くことを祈るばかりだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。